Home » ニットの修理事例 » ほつれ直し(穴・糸ひきなど) » ニットの穴の通常修理の修理跡

ニットの穴の通常修理の修理跡

穴の修理で段数が多い場合です。トラブルのある段数分縦に短くなります。

[6段糸が切れている場合]
tuusika-1

1. トラブルのある段をほどきます。上下のきれいな編み目をだす。
tuusika-2

2. 上下のきれいな目をつなぎながら、新しい目をつくる。
tuusika-3

3.. 修理後
トラブルのある段が取り除かれました。修理した箇所のボーダーが狭くなっています。
tuusika-4

[注意点]
修理する場所の段が失われます。
ボーダーはそこだけ狭くなります。
模様は欠けます。

Comments are closed.