Home » ニット修理の説明 » リブ編みをミシン直し(サンプル画像)

リブ編みをミシン直し(サンプル画像)

リブ編みをシングルステッチでお直しすると、袖がラッパのように広がってしまいます。
これはリブ編みの特性によるものです。リブ編みはゴム編みとも呼ばれるもので、よく伸びます。それは見た目よりも編み目の数が多いからです。横方向に編み目の数を多くして、模様によって自然とそれが感じられない幅になるように調節されています。ミシンで縫うと押されて、元の編み目が表に出ようとします。その為、縫われたところが広がり、ラッパのようになります。
シングルステッチ修理後の袖

Comments are closed.