Home » 2012

Post Image

着丈つめ

着た時の丈をつめます。身頃の裾を詰めることになります。 直し方は大きく分けて2つあります。[手直し]と[ミシン直し]です。 [手直し]編目に沿ってほどいて、ひと目ひと目はぎ合わせます。デザインを残す事ができます。編目の細 […]

Post Image

袖丈つめ

袖の長さを短くします。 直し方は大きく分けて2つあります。[手直し]と[ミシン直し]です。 [手直し]編目に沿ってほどいて、ひと目ひと目はぎ合わせます。デザインを残す事ができます。編目の細かさによって値段が変わります。6 […]

Post Image

リンキング直し

えりや身頃のとじ合わせ部分に、ミシンのように使用されています。 基本的に一目一目、手で目を作りながら直します。糸は本体から作ります。表の目立つ場所に見えることが多い為、本体と同じ糸でないと困るからです。 袖下や、身頃の縫 […]

Post Image

修理不可とは

全体がすり切れて薄くなったものは当店ではお直しできません。 穴でも、全体が薄くなってできた場合は直りません。 何卒、ご理解ください。

Post Image

つまみ修理の修理跡

模様が複雑な場合、跡が目立ちにくいことがあります。 —— 全体が薄くなってできた穴は直りません。ご注意ください。

Post Image

ハンガーで伸びた肩を直す

ハンガーにかけて保管していた服です。肩がとびでています。こういった型崩れはアイロンで直ります。 写真のようにとびでた所を膨らませてアイロン台に置きます。ここで丁寧に置くとこの後の作業がしやすく、仕上がりも良くなります。 […]

Post Image

つまみ修理を詳しく

直し方を詳しく説明しました。 ①穴のまわりを縫います。(この時、ほつれの原因となる「わ」を拾います) ②裏で糸をしばります。 [裏] ※目立つ色の糸を使用しています。 —— [注意点] 仕上がりが […]

Post Image

つまみ修理とは

穴を直す方法のひとつです。これ以上広がらないように直します。安価です。

Post Image

ふちのすりきれ

袖や裾のふちのすりきれの修理イメージです 修理前 修理後 [コメント] 修理後もヘコミが残ることにご注意ください。すりきれた糸はもとに戻りません。そのため、大きいヘコミは目立つことがあります。 5mm程度のヘコミはほとん […]

転居のお知らせ

2012/9/1より下記住所に移転しました。 〒120-0026 東京都足立区千住旭町38-1 東京千住アネックス407 電話番号・メール・ホームページは変更ありません。 電話:03-5284-2198 メール:info […]

Post Image

穴の通常修理の仕方

穴の修理で段数が多い場合です。トラブルのある段数分縦に短くなります。 [6段糸が切れている場合] 1. トラブルのある段をほどきます。上下のきれいな編み目をだす。 2. 上下のきれいな目をつなぎながら、新しい目をつくる。 […]

Post Image

ニットの穴の通常修理を詳しく

直し方を分かりやすく説明しました。 穴を直す際、通常行う修理方法です。新しく編み目を作るため、ほとんど元通りに見えます。 当店の方法となります。 1. 編み目を少しほどいて 2. 新しい糸で新しい編み目を作る 3. 修理 […]

Post Image

穴の直し

虫食いなどの穴は新しい段を一段作りながらお直しします。 新しく編み目を作るため、ほとんど元通りに見えます。お店によって技術が異なるようです。当店は始末する糸を結びません。その方がごろごろせずに、綺麗に着用できると思うから […]