Home » ニット修理の説明 » 穴を埋める修理

穴を埋める修理

お品物によっては、穴を埋める修理もします。

穴埋め前
穴埋めの後

【できる条件】
 ・メリヤス編みであること
 ・穴が大きすぎないこと
 ・段を取り除く作業では、模様が欠けたたりすること
 ・糸が用意できること(本体から取れない場合、当店で似たような糸を用意します。色風合い等変わります)

仕上がり後の修理跡が通常修理と変わります。
かけはぎのように作業をするので、隣の目と糸が重なります。その為モコモコした跡が残り、不自然に見えやすいです。(大きい穴ではモコモコが広範囲になり目立ちやすいです。)
穴埋めの跡

Comments are closed.