Home » Archive by category "ニット修理の説明"

Post Image

手袋ほつれ

手袋の指にできた穴 通常修理 3150円~(編み目の細かさ、模様によって変わります) ただし指の長さが短くなります。 つまみ修理 525円 長さは変わりませんが、つまんだ跡やごろごろした感じが残ります。 手袋はつまみ修理 […]

Post Image

穴を直すときの糸の取り方

基本的に本体から頂戴します。 ざっくりと3パターンあります。 ①穴を直す時に少しほどくので、その時に余った糸 ②本体のリンキングをほどいて使う ③編地の端から余っている部分をほどいて使う(カケハギがこのパターンみたいです […]

Post Image

ミシンでのサイズ直しとミシン教室

サイズ直しは目的によってはミシンですることもあります。 手直しの方が絶対に綺麗に仕上がることはなく、ミシンの方が綺麗になることもあれば、ミシンでないとできない場合もあります。 それはデザインや、縫製、素材によって変わって […]

Post Image

通常修理よりつまみ修理をおススめする場合

通常修理のように高い修理をしたからと言って、必ず綺麗と感じるわけではありません。 場合によっては、安い修理の方がパッと見、綺麗にみえることがあります。 その場合は、安い修理をお勧めするようにしています。でも修理料金が21 […]

Post Image

手直しの説明

よく質問がある サイズ直し 手直しのやり方です。 服によって少し違いはあるものの、基本はこのパターンです。 大事な金額の話ですが、6300円~となります。 結局かかる時間で金額が変わります。編み目が細かかったり、模様があ […]

Post Image

着丈つめ

着た時の丈をつめます。身頃の裾を詰めることになります。 直し方は大きく分けて2つあります。[手直し]と[ミシン直し]です。 [手直し]編目に沿ってほどいて、ひと目ひと目はぎ合わせます。デザインを残す事ができます。編目の細 […]